鬼ヨメ街道

c0171704_13451548.jpg

今日はお盆真最中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今朝はまた、朝からギリギリすることがありました。

いえね、庭のしだれ梅の木に今年もまた、ミノムシがつきはじめましてね、今春そのおかげで、梅の花がまったく咲かなかったのです。

それで、消毒ということになったんですけどね、いつもはそれくらいのことは自分で出来るんですけんど、こないだっから、手がかぶれてまして、どないもこうにも無理ということで、しかたなくテイシュにはっぱかけて、やらすことにしたんです。
道具の用意もして、薬の調合もみなお膳立てして、さぁ撒いてちょうだい、と撒かしたんです。
ええ、なんにも出来ませんの、うちのテイシュ。薬の調合なんてまるでご存知なし。 噴霧器の使い方も、手取り足取りして細々教えて、さぁやっと撒き終わって、
「噴霧器ちゃんと洗っといてよ」と命じておきましたところ、きっと、水鉄砲遊びのように遊びたくなったんでしょうか、 なんと、今消毒し終わったばっかりの木に、水をかけているやありませんか!!

まったくもう、「あほっ!スカタン!」って言ってやりましたわ。
「せっかくかけた薬がみな流れてしまうやないかい!」いうてやりましたわ。
ま〜た、やり直しですがな。

もうこういうひとには、大声だして「あほ、スカタン」といってやらないけません。
あほを、賢いはずやとごまかしごまかしやってたんでは、息が詰まってきます。
正真正銘のあほを賢いひとやと思い込もうとすることはもう無理と悟る。ということです。

こんなはずじゃぁなかった。 賢くてなんでも出来る人に、はいはいと従う、可愛らしい奥さんでありたかった。 けど、なんや、このあほぶりは。ほんまにもう、なにやらしたってスカタンやないのん!

こうして、ほんとは、可愛い奥さんのはずのtotiさんは鬼ヨメ街道を下って行くのでありました。あほ、スカタン!
[PR]
by totisansan | 2008-08-15 14:18 | 雑談 | Comments(15)
Commented by rika at 2008-08-15 23:01 x
激しく同感いたします・・・。
うちの亭主も母から甘やかされて育っておりますので
何一つまともにできません・・・
もう、本当に、あきれるばかりです。

>こんなはずじゃあなかった。
以下、これも激しく同感です。
いつまでも可愛く、こっちのほうがちょっと天然みたいで
「もう、お前はおっちょこちょいやなぁっ」って言われたかったですが。
毎日私のほうが「あんた、何度同じこと言わすの」って言ってます・・・
鬼嫁。
新しいブログでもどうぞよろしくお願いします。
Commented by Nicole-ay at 2008-08-16 00:04
あ~^^;うちはなんでもする亭主なので立場が逆^^;これも又辛いもんがありまっせ^^;機械音痴のあたし。。。なんで一番新しいブログが、「糸巻き」より早くに容量オーバーになるの????
Commented by totisansan at 2008-08-16 12:42
★rikaさん 同じようなかたがいらして、心強い限りであります。
そちらは随分年代が違いそうですが、どうしても、男の人は自分より優れていないといけない神話のようなものを背負ってしまっているんでしょうね。ワタクシもrikaさん位の年から、キツいジレンマをかかえてやってまいりましたが、もう、「あほ」は「あほ」として、認めてしまわんことにはどうにも解決がつかんとこまできています。いつも「あほ、スカタン」は心の中で言っていましたが、これは自分のこころに嘘をつくことになるんですね。
子供の小さい時は、お父さんを尊敬してるふりをしなきゃいけなかったり、大変じゃないですか。  
北野武の子供の頃のドラマがありましたがご覧になっていましたか? あそこのおとうさんも、どーしょうもない人で、おくさんは、ばかばかの言い通しなんですけれど、そういう形の中に真心が通っているんですね。 だから、「あほ」とおもえば「あほ」でいいんじゃないかと。 あほを賢い人と思い込もうとすることは偽善じゃないかと。 
男は、大工仕事と、庭仕事、電気のこと、パソコンのことなど女よりはできるように躾けておくことが、将来の為でありましょう。
Commented by totisansan at 2008-08-16 12:48
★Nicoleさん その逆の立場っていうのが、実際、どういうことなのか、あまり想像がつかないんですけど、少なくとも、こんなにギリギリすることはないようですから、Nicoleさんのようにやさしい人でいられそー。 なーんだかね、どんどん強くならずにいられんというのが、もう、とても嫌でね。

あ〜、ネームカードをつけると1ギガまでいけるんです、つけてないとなんだったっけ30メガだったっけ、すごく容量が少ないんです。 里山は、なんか違うことやって容量増やしてます。
Commented by pinecone at 2008-08-17 16:22 x
ちょっとご無沙汰しているうちにお引っ越しされてたんですね。
今日のお話は読み手には非常に笑えるお話で、ホントにカラカラと
笑ってしまいました。
でも、自分だったらやっぱりギ~リギリもんですね。
パパを立てると言うのは一種の強迫観念のような感じで、それをしないと
いけないと思ってきましたが、totiさんのコメントに得心しました。
鬼嫁でもいええじゃないですか。カワイイ鬼嫁はんということで。
Commented by nabetsuma at 2008-08-18 19:11
Pu ッ!
Commented by totisansan at 2008-08-18 21:14
★pineconeさん  お手数かけてもうしわけないです。
そう、その「立てる」ということ、だれに習ったか、それがつきまとうんですよ。でね、暗い話になりますが、自分を責めるんですよ。
でも、もう、ジ・エンドです。
限界です^^  鬼ツマ街道まっしぐらです(笑
Commented by totisansan at 2008-08-18 21:16
★nabetsumaさん  ほらほら、屁なんかこいてんと、
はよ、引っ越し、家探し!京町家!
Commented by konnitiwan at 2008-08-19 16:06
totiさん、パート2、リンクさせてくださいねー。

わたしも鬼ツマ街道はしってまーす。
同居人は‘あなたは、はいと返事をするが何も僕の言うことを聞いていない。’と言います。
聞いていたら、何にも片付かないからとはっきり申します。
その分、自分でやれることは出来るだけするんですが
それが同居人には気に入らないこともあり、バランスに苦労・・・
一応、頼りにされたいと思うみたいですが
実は、精神面では私の方が自立しておるようであります。
女の成熟は限りなくディープなようです。
Commented by totisansan at 2008-08-20 14:58
★がざねさん  おたくも傾向ありですね。わかりますとも。
そうですねん、「ねえさんやっておくなさい」という態度なら、まだやりやすいんですが、へんなプライドがあるらしくて、自分が尊重されたいという気持ちが空回り、空回り。で、ヒジョーにやりにくいのであります。 ええかげんさっぱり、プライドをすてたらどうなんやい。スカタン。
Commented by LE at 2008-08-20 16:52 x
あはは!これ+パソコンで、ぎりぎり〜っだったんですね?仕事のあと水遊びしちゃったところなんぞ、かわいくて憎めないけどなぁ、余所の話だと。。あほッスカタンと言われたら、にま〜っとしてる、それとも一抹寂しそう?

機械のことってちょっとわかると、相手がプロだと余計いらいらしますで。彼らのやり方は、A->B->C->Dと、なんやら面倒なことを一々聞いて順番に「可能性のない原因を消して行く」という理にかなったやりかたなんだけど、うるさいな、最初からこうやと説明しとるやないか、一気にA->Dと飛ばんかい!と。5年程IT屋と一緒にいましたが、もういらんわ。
Commented by totisansan at 2008-08-21 16:07
★LEさん そりゃぁどうでしょうね、一抹寂しそうなのかな、にま〜なのかなぁ、本人は、本人で一生懸命男としての体裁を保ちたいという願望はあるらしんやけど(いや、じつはそれが問題の根本なんやけど)いかんせん、持って生まれたキャラクターが、どうころんでもまともやないねん。 まぁ、本人もほんとのこといって、あほスカタンといわれたほうが、案外気が楽なんちゃうやろか。 こっちも何十年、体裁を保とうとしたけどもう無理。
親から植え付けられた男は尊敬されねばという価値観にがんじが
らめになってる、ちゅう部分もあるね。  私自身も、だれに教わったものか、テイシュは立てねばならぬなどという神話に惑わされて右往左往しとったかも。 こんなおっさん、どうやって立てますねん。
Commented by totisansan at 2008-08-21 16:09
★お、なになに、IT屋と5年!  「もういらんわ」に至る物語も聞きたいもんやのう。
Commented by カズミッシモ at 2008-08-23 15:01 x
まだまだお仕事して頂けるだけ可愛いですね。私なんかもう諦めて頼む気も失せました。家の場合 私の方がアホバカスカタンらしいので(反対の場合もあると信じたいですが)立場は違いますが、二日に一度!!心の中で 「アホか!」と叫んでいます。起きてテレビと新聞見て三食目の前に出たものをほとんど無言で食べ 時に文句だけは言って・・・「動物園の餌やないんやから時間通りに食べることが大事って?」・・・でも今更たよるところもなく(自立できません)一人になったら実は寂しいことは分かっているので余計な争いを避けてひたすら我慢 うまく交わしてなるべく長く二人で暮らすのです。ここだけの話です。
Commented by totisansan at 2008-08-24 07:57
★カズミッシモさん  三食目の前、ということはリタイヤ組ですかな。 あ〜らら、たいへんそう。。 無言で食べ、というのは困りますねぇ、、余計な争い事を避けるというのもわかりますわぁ、、 
お孫さん、お誕生日だったそうですね。 子供を育てて、孫も持てたということは、最近思うのですよ、生物として、非常に真っ当な仕事をした、そう思いません? こうなるためには、辛抱シンボー、(これから先も?) 子供を持って子孫を残すということは、どんな世の中の立派な仕事より、劣るとは今、おもえないのですよ。 誇りをもってがんばりましょう。
おっちゃんたちも考えんンといかんね、もうすこし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< キムチ焼きそば & キムチチャーハン 容量オーバーの為、お引っ越しし... >>