<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アローカナの青い卵

c0171704_1765855.jpg

ああ、この卵が青く写るように何枚写真を撮ったことか。
比較する白い卵がなかったのは手落ちでありました。 後ろに置いてある白い封筒で比較してみてください。 

これは、前から気になってたアローカナというニワトリの卵なのです。農協の直配所で売っているのですが、今日思い切って買ってみました。

アローカナというのは、南米チリの原産で、顔つきとか足の長さがちょっと普通のニワトリとは違う程度の鶏です。 卵の色が薄いブルーなのです。大きさは普通です。

お味のほうはどうなんでしょう。買ったものの、ちょっと食べるのがはばかられます。
栄養的にはいいということでしたよ。
[PR]
by totisansan | 2009-01-30 17:15 | 食材 | Comments(4)

マカロニグラタン

c0171704_19563643.jpg

なにやら、誘惑に負けた感じのマカロニグラタン。
こういうものは少量でも、やっぱりすごいボリューム。おでんも作りましたがほとんど食べられず。
これ一品でおなかいっぱい。 こういうものは、口惜しいかなお店で食べるものには負けてしまいます。いまいち唸る程の味には到達出来ず。修行不足です。

思えば、マカロニグラタンというもの、初めて食べたのが、1970年くらい。それまで、こういう料理は、街の食堂にだってなかった。 その頃に、京都の四条河原町東あたりに出来たピザの店「サンマルコ」という店で食べたのが最初。ピザだって、ここが初めての店だったのではないだろうか。 今普通に食べているものも、ほとんどが1970年くらいからの進出です。マクドナルドやケンタッキーが出来たのもその頃からだ。
その頃から日本の食がどんどん変わっていったんだね。

電子レンジで出来るホワイトソースの作り方を復習しときます。
(先生はnabetumaさんです)

グラタン皿7〜8皿分の分量(多い!)
小麦粉 50g
バター 50g
牛乳  500cc

○小麦粉、バターを電子レンジでラップ無しで1分加熱
○泡立て器でよく混ぜる
○そこに牛乳500ccを少しずつ入れよく混ぜる
○電子レンジで再び加熱 2分
○泡立て器でかき混ぜる
○電子レンジで 2分
○混ぜる
○あと 2分

詳しくはこちらで
[PR]
by totisansan | 2009-01-28 20:11 | 定番 | Comments(10)

小さなおかず〜肉豆腐

c0171704_1901589.jpg

湯豆腐ばっかりも飽きてくるし、こういうの作ってみたら、中々いけます。
二人暮らしだと、豆腐一丁全部食べきれません。そこで、一日めは半分を湯豆腐にして、
次の日に残り半分、肉や葱、など有り合わせのものと甘辛くさっと煮付けました。
[PR]
by totisansan | 2009-01-27 19:04 | 新作 | Comments(6)

きんかんと柚子皮の甘煮

c0171704_15211254.jpg

棚の中にこういうものが潜ませてあるとうれしいものだ。食後の一切れがたまりません。

きんかんを砂糖で煮たものと、うんと大きな柚子を頂いたので皮を煮てみました。
皮の厚みだけで1㌢はある。これがなかなか美味でありました。

c0171704_15244087.jpg
[PR]
by totisansan | 2009-01-21 15:25 | おやつ | Comments(2)

餅入りグラタンスープとあんころもち

さて、やっと台所に立てるようになりました。
冷え込む今日、ラーメンを食べにいきたい!などと思ったものの、簡単メニューで自宅夕飯。おじさんの料理はちょっと休憩。

c0171704_19364682.jpg

白菜漬けも無事漬かりました。

今日は、オニオンスープ餅入りというのを作ってみましたよ。
チーズとお餅がとろりとけて美味。


c0171704_19403826.jpg

慣れないお料理ごくろうさま、ということでおじさんの好きな餡ころ餅を作ってあげました。


c0171704_19431197.jpg

[PR]
by totisansan | 2009-01-18 19:47 | 定番 | Comments(10)

料理本にはぜったい載ってない料理の基礎の基礎

c0171704_12464781.jpg

もしこれを、今まで料理というものをやった事がない、という方がご覧になればたいへん参考になるかと。

さて、うちのおじさん、お茶を沸かしてくれと言われて薬缶をもって立ち尽くすという人物でありますが、時々私が家を留守にすると、その後、フライパンがダメになってしまっている理由というのがよぉく分かりました。
テフロン加工のフライパンを使っているのですが、留守の間、このおじさんが目玉焼きをこさえるのですね。そうするとあと、テフロン加工がだめになってしもうて、モノがフライパンにくっつくのです。

この方、フライパンで何か焼く時、いきなりブツを乗っけるのです。
はい、ガスに火もついてませんし、油もひいていません。
目玉焼きを焼くと思って下さい。
冷たいままのフライパンに油もひかず、いきなり卵を割り入れるのであります。その後おもむろにガスに火をつけるのであります。それも超強火のままで。
かくして、うちのフライパンは次々と壊れゆくということなのです。

お料理初心者の方、これは、お料理の本にも載っていませんね。
フライパンでものを焼くときは、まず、フライパンをガスレンジの上に置きましょう。
そして点火しましょう。火加減は、テフロン加工のしてあるフライパンなら中火が適当でありましょう。 そして、フライパンが温まってきたならば、少量の油をたらし、ぐるっと回しましょう。フライパンに油が広がり、十分に温まったところで、焼くべきものを入れましょう。

※   ※
大根を煮る時、生の大根をすぱっと包丁で切った時に大根の切り口から、水が染みでないような大根は煮ても焼いても食えず、燃料の無駄と心得ましょう。
[PR]
by totisansan | 2009-01-16 13:08 | 雑談 | Comments(14)

男の料理教室〜料理って深いね

じつは、一週間程前から、ぎっくり腰になってしまって3日間は身動き出来ず。いまだ、長時間の立ち仕事は不自由、という状況。

さて、そういう状況下においてもなにか食べねばなりません。うちの状況から説明がいりますね。当方二人暮らしの熟年夫婦。二人暮らしといえど、敷地内に息子夫婦も住んでいるということであります。
息子夫婦に応援を頼んでもよいのだが、私たちまだ50代の夫婦、息子夫婦は子育て、パートと忙しい。これは自分たちのことは自分たちでやっていくのが現代社会の掟でありましょう。 
かねてより心配していた、何も出来ないテイシュの家事訓練にはちょうどよい機会なのです。 だって、これから先、こういう事態というのは、何度も起こり得るし、最悪、テイシュが一人残るという事だって考えられる。そんな時、お茶いっぱい入れられないようでは困るではないか。

まだ、腰が本調子ではないのでぼつぼつ書きます。
書く事は山ほどあるのだけど、手っ取り早く画像の撮れるこの白菜。
白菜ひとつ切るというのがこんなに大変な事とは。。思わなんだ。。

c0171704_1081215.jpg

これは、いつも漬けている白菜漬けがなくなったので、こういう非常事態ではあるものの漬けておかねばという気持ちで、テイシュに白菜を切ってもらいました。

ソファに寝そべって、あれこれ指示をだすのですが、実際、白菜を切るのにこんなに難儀するとは。。
まず、いきなり、輪切りにしようとしますので「きゃぁ〜違う!」と叫ばななりません。
「違う、縦にきるのっ」 とりあえず半分に切ってというと、葉っぱのほうから切り始めてます。
その前に外葉をはずしてくれ、というても理解が出来ません。
まず、白菜の置き方からして逆です。
「違う違う!株元のほうを手前にして、白い部分に半分だけ包丁を入れて。 あとは、引き裂けばいいからね」
「切れたらそれをまた三つに切ってね」「半分だけ包丁入れるのは、葉っぱをバラバラにしないため」「切れたらトレーの上に並べてね」
「並ばへん、積み上げてもいい?」 というので見てみると、縦に並べてます。(ふぅ!)
「違う、横に並べたら6個全部並べられる」
なんて具合で、白菜を6つに切るということがこんなに困難なこととは。料理というのは普通にやっていましたが、非常に頭を使う仕事なんだなと発見した一週間でありました。
[PR]
by totisansan | 2009-01-14 10:24 | 雑談 | Comments(12)

温泉卵

c0171704_1445013.jpg

さて、はたしてこの温泉卵は正解なのか? 白身がまるでミルク状。 黄身はねっとり半熟でありました。

作り方は各種あるようですが、うちの場合、昔ながらの箱形の石油ストーブを愛用しているものだから、まず、小鍋にお湯を沸騰直前まで沸かした中に卵を入れ、ストーブの隅のあまり火力の強くないところに置いておくと、そのうち出来上がる。2〜3時間置いておいてもいいのではないか。
[PR]
by totisansan | 2009-01-10 14:53 | 定番 | Comments(4)

元旦の夜の覚え書き

c0171704_16273561.jpg

元旦の夜は、友人が集まってのトランプ大会があるのが毎年の慣例であります。
夕方から集まって、なにかつまみながら話に花が咲き、その後、おじさんおばさんトランプをするという、かわいらしいことをかれこれ30年ほど続けている。

会食の写真を撮ったが、失敗だったので、メニューだけ記録しておこう。
今年は、あちこちのブログで教わった料理などで構成したメニューでありました。

手羽先のタンドリーチキンふう
コールスローサラダ
もやしのナムル
山芋きざみ
牛蒡のすりみ巻き
そば粉のクレープ、照り焼きチキン巻き
クリームシチュー

その他友達のお持たせ

馬刺
ローストビーフ
富山のます寿司 (画像はこれの入れ物であります。よい木で出来ているのでまた何かに作り替えようと企み中)




c0171704_16415533.jpg

[PR]
by totisansan | 2009-01-02 16:40 | 雑談 | Comments(2)

やる気のないお正月

c0171704_12435978.jpg

みなさま明けましておめでとうございます。本年も小規模に更新していくつもりであります。

お節料理というものは、気合いを入れて作った年はたいがい余ってしまい、もう来年こそ作らないぞ、と固く決心をする。
毎年お正月は、食べ過ぎと不規則な食生活とで、2週間くらいは体調が戻らない。
そこで、今年は大幅に縮小することにした。
でもって、今年のお節は、もうすでにこの時間完売している。お餅すらもう一個も残っていないのだ。
だって、たつくりを作って、黒豆は煮たのを少々買い、数の子を買いいの、のたったそれだけだもん。 それで、今日また今からスーパーにいくのであります。

手前の立派な折り詰め?うん、これは前にも糸巻きでご紹介したけど、じつは食玩。いや、鑞で出来た食品サンプル。にぎやかしにテーブルの上に置いてみるのこと。
[PR]
by totisansan | 2009-01-01 12:56 | 定番 | Comments(7)