<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

台所洗剤とスポンジ

c0171704_12392839.jpg

いつもはこの洗剤でなく、違うものを使っているのだが、この洗剤、無色透明で、スポンジにたらしてもどれだけの量が落ちたのかさっぱりわからない。 洗剤には色をつけてほしいものだ。
‥という事をこの記事の主題にしようと思ったのだが、この機会に洗剤の裏に貼ってある使用上の注意というのを読んでみた。

眼鏡をかけなきゃ絶対みえないようなこまかい字で書いてあることにゃ、
水1リットルに対して0.75ml  カッコ付きで 料理用小さじ一杯は約5ml  と書いてある。
ということは、ざっと考えるにペットボトル一杯の水に2滴くらいということか?
みなさん洗い桶など使っておられるのかな?わたしなどスポンジに直に洗剤を垂らして洗っておりますがな。。
食器を洗う他にスポンジの除菌、まな板の除菌、驚くことに野菜もこれで洗うといいようなことが書いてある。それは昔の話だと思うていた。こういう洗剤が出始めた頃、野菜をこれで洗うといいということがセールスポイントだった。(昭和35年ころのことである)
その後、こういう洗剤の毒性が云々され、河川を汚す元として、こういう洗剤を使うのを自粛するようお達しを出した都道府県もあったように記憶している。

私はこういう洗剤はやはり毒性が強いと思っている。だって、これ、ゴキブリにかけたら即アノヨ送りになるんだよ。 殺虫剤より効き目は即効である。

こういう洗剤もある時期から以前のものより濃縮されて嵩が減っている。ということはほんの一滴で従来の量を賄えるはずなのだ。
で、最初の話に戻るが、色がついてないとついついたくさん押し出してしまわないだろうか。
これはきっとたくさん消費させるがための策略ではないか。

コマーシャルでまな板の除菌といって、こういう洗剤をまな板全体に塗り付けるようなやり方を推奨しているが、とても嫌な気持ちになる。 河川の汚れの事など考えない人が、毎日まな板に洗剤を塗り付けるとしたら、相当な量の界面活性剤が川や海に流れていくことになる。
まな板など天気のいい日に日干しすればいいんでないの? 

洗い桶にほんの一滴でいいものを、いつの間にか濃縮されたということを誰もが忘れダバダバとこういうものを使っていていいものだろうか。
きっと20代30代の人はこれがうんと濃縮されたものだとは知らないはずだ。


ところで、このスポンジ、驚く事に一個500円近くした。 あるでパート系のお洒落なレストランで、台所用品がお店の中に売っていて、みな高いものばかりの中、このかわいいスポンジが目に止まり、スポンジだから、せいぜい‥と思ったが間違い、値段を確かめずにレジを通して驚ちゃった。
でも、思うに、これ、500円の値打ちはあります。表面がとても柔らかく、大事な食器を傷めないということになってるみたい。 それに500円のスポンジだと思うと使い方も丁寧な扱いになる、というお粗末なおはなしであります。
[PR]
by totisansan | 2009-06-30 13:24 | 道具 | Comments(6)

らっきょうを漬けた

c0171704_12271462.jpg

らっきょうを漬けるのはこれで二度目か三度目である。
どうもらっきょうは体に良さそうである。血液サラサラ、疲労回復、などなどうれしいことがいっぱい書いてある。

よく洗って根を切り、一晩塩をまぶしておく、というやり方を採用。 一晩置いたらっきょうをつまんでみたなら、これだけで充分おいしい。 冷蔵庫にあった葱味噌などつけて食べるとすこぶるよろしい。
ということで一部塩漬けというやり方に変更する。
残りは、150ccの水に氷砂糖と味醂を湧かして冷ましたものの中に酢300ccほど入れた付け汁で漬けるいわゆる甘酢漬けとする。

画像は一晩塩をまぶしておいたものを熱湯に10秒つけて、ザルに上げて冷ましているところ。
[PR]
by totisansan | 2009-06-30 12:36 | 保存食 | Comments(2)

揚げ鶏の甘酢あん

c0171704_10455190.jpg

これは“上沼恵美子のおしゃべりクッキング”を見ていて、おいしそうだったので試しに作ってみたもの。
詳しいレシピはこちらで揚げ鶏の甘酢あん で検索して下さい。

ちょうど新ショウガの甘酢漬けを作ったのでそれを利用。甘酸っぱいタレをたっぷりかけていただくので、揚げ物だけどさっぱりしている。鶏肉にしっかり下味をつけるのがコツかな。
下味の卵は省略。

鶏料理で一番大切なのは、少々値がはってもいい鶏肉を使うことが大事なような気がする。
一概には言えないがやはり値段相当の味の違いはある。大人二人でもも肉一枚で充分だからこそなのかもしれないけれど。
これの場合は下味もつけ、甘酢もかけるから安い鶏肉でも味はごまかせるかもしれないが。
[PR]
by totisansan | 2009-06-23 10:54 | 新作 | Comments(4)

昼ご飯

c0171704_12275855.jpg

二日ほど里に帰っておりました。
留守の間同居人の食べたものは、昼はカップヌードルで、夜はカレー屋でカレーだったそうな。
いかん。。

今日の昼ご飯は、蕎麦と胡瓜もみ、お土産に買ったワラビの佃煮とおはぎ。


※   ※
じっかぐっち一句

◎ムスメの作った胡瓜もみとししとうの炊いたんには、そんなもんと箸つけず、89歳女子。

◎人の食べてる餃子見て、
 ようそんなもん、ようそんなたんと、
 うちらそんなもん食べた事ない。
 痛いコトバに味わからず。

◎先回進呈せし履物
 下駄箱の中で新品のまま眠る。
 タタキの上には捨てたはずの古靴がゴミ箱より復活。
 あらま、あらま。
[PR]
by totisansan | 2009-06-19 12:38 | 昼ごはん | Comments(8)

夏野菜と春雨の煮物〜最近春雨がマイブーム

c0171704_18462913.jpg

今日は茄子とインゲンを煮てみました。
茄子は切って塩水にさらした後、水気を拭き取ってインゲンと共に油炒め、
のち砂糖、醤油で味付け。出し汁を入れて煮込む。
春雨は沸騰したお湯に入れて戻しておく。
煮汁が煮詰まりかけたところに春雨を入れる。

春雨を使うと、煮汁を全部すってくれて無駄がないんですね。勿論おいしい煮汁をすいこんだ春雨もたいへんおいしくいただけます。
インゲンはもう少し火が入ってくたっとなった辺りがベスト。

雷!
[PR]
by totisansan | 2009-06-16 18:52 | 定番 | Comments(2)

梅仕事の始まり始まり

c0171704_12585291.jpg

スーパーに行ったら梅干し用の梅が並んでいたので,出遅れないうちに買う。
大きい南高梅4キロと中くらいの南高梅2キロ。 只今、水に漬けてあります。

6月13日
梅酢がしっかり上がりました。

c0171704_15532264.jpg


6月25日
赤紫蘇を入れました。
c0171704_1223516.jpg

現在落としぶたをして軽めの重しを乗せ冷暗所にて保存。
[PR]
by totisansan | 2009-06-09 13:01 | 保存食 | Comments(6)

柚子胡椒味の冷たいパスタ

c0171704_16243553.jpg

某おぢさまブログでヒントをいただいた、スパゲッチィ。たいへんおいしゅう出来ました。

作り方の基本は以下のとおり

玉葱半分(1人分)を薄くスライスして水に晒した後水切りしておく。

柚子胡椒、醤油、オリーブオイルを混ぜたものの中に玉葱スライスを入れる。

以上の作業を始める前に、細めのパスタを茹でる。(今回は細めのストックがなかったので普通サイズなり)
茹だったら、流水で冷やす(これが大事)そして玉葱と混ぜ合わせる。

今回、昼ご飯でこれが単品であるためボリュームを出すため、鶏のささみの酒蒸し、胡瓜、ゆで卵、胡麻、海苔などをプラスする。
[PR]
by totisansan | 2009-06-02 16:36 | 新作 | Comments(2)