<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

エビとネギの春巻き

c0171704_1655659.jpg

毎度がさつな食卓で恐縮です。春巻きの大きさも不揃いです。自己申告。
ねぎがおいしいという本を見ていて作ったもの。
中身はネギとエビだけの春巻き。

作り方は、エビは殻をむいて塩でよく汚れを出し切ること。水気をきれいに取った後、塩こしょうして、片栗粉をまぶしておく。
ネギは斜め切りに。
春巻きの皮に包んで油で揚げるだけ。 油の温度は中くらいがいいよね?

いつもの豚と野菜のものより炒める手間が省けて簡単で超美味。 あれ?春巻きの中身って炒めないのかなぁ?

ネギって脇役の場合が多いけど、この本を見てると、何だ、主役に使ったっていいじゃないかと、開眼。 これからネギがおいしい季節になりますからね。
[PR]
by totisansan | 2009-11-30 16:15 | 新作 | Comments(6)

牡蠣のオイスターソース焼き

c0171704_18533085.jpg

どこかの料理番組でやっていたものをうろ覚えで真似する。たいへんおいしかった。

作り方
牡蠣を塩でよく洗う。
水気を切った牡蠣に片栗粉をまぶし
熱湯の中に10秒つけて、牡蠣の表面に膜をつくる
ふらいぱんに油を敷き牡蠣を焼く
両面こんがり焼けてきたらば、醤油、味醂、オイスターソースを入れて炒りつける。

付け合わせは白菜の軸とネギ、レタスをこれもオイスターソース風味で炒める。

牡蠣といえば広島産が有名だが、最近岡山産のほうが味がいいのだ。一概には言えないが。
産地によって味が違うというのが面白くて、これは宮城県産。
比較するには牡蠣フライにしてみないとわからないけど。
[PR]
by totisansan | 2009-11-27 19:03 | 新作 | Comments(2)

ちょっと前の昔、何を食べていたか

c0171704_801215.jpg
よく思うのだが、最近の食生活って食べ過ぎじゃないだろうか。
ちょっと昔を思い出してみると、昭和の30年代までは、こんなに食卓が華やかだったことはないように思う。
図書館に「日本の食生活全集」という本があって、全50巻、日本各地の昔ながらの食生活が聞き書きという形で丁寧にルポされていてたいへん面白いのだ。
これを見ると、少し前までは、地方によって食べているものが随分違う。
これはその土地土地でとれたもの、また気候風土に合った調理法などでおのずからその地方独特のものが出来上がったのだろう。
そして今回は、馴染みのある京都の食事というのを借りたのだが、驚くほど質素な食卓である。
けれど思い返せば、私は京都から一山越えたところの生まれであるが、あぁそうだ、こういうものを食べていたということが納得できるのである。
例えばある日の夕食の献立は 、焼き魚(サバ)+すぐき漬け+煮物(大根、油揚げ)
といった具合である。
だいたいが季節の魚一皿に、季節の野菜の煮物、お漬け物といった献立であります。

これなら、調理も簡単だし、季節の出盛りのものを使うから安くて栄養もある。
なんだか、今の食生活が、一見豪華だけども、無駄に豪華過ぎるんじゃないだろうかと思えてくるのだ。 作る手間だって今はたくさんの御馳走を毎日作って大変なことである。
様々な食材があって調理法だって様々な情報にあふれている。

こういう昔風の食卓だと、毎日ほとんど決まっていて、特に考えることもなくて楽そうだ。

この頃はご飯を中心に食べていてご飯を二杯三杯とおかわりして食べたもので、おかずというのはご飯を食べる為のものだったのだ。
こういう食生活をしていたからといって昔の人がひ弱かったかというとそうでもない。

若い人はこういう訳にもいかないだろうが、わたしたち中高年はもうそろそろこういう食生活に戻っていけばいいじゃないかと、この頃思う。
[PR]
by totisansan | 2009-11-11 08:30 | 雑談 | Comments(4)

懲りずにまた弁当つくりました

c0171704_1537236.jpg

今日もお弁当を作って10時頃に庭で食べました。
なんだか遠足気分です。
最近、夕飯にたくさん食べたくないなという気分なのです。
なんだか夕飯ではゆっくり食べられないような、あせっていつも食べてるような、何ででしょう。
これから夕飯を朝に回してこうしておベント箱に詰めてゆっくり食べようかしら。

今日の中身は卵焼きに、タコのオリーブ炒め。キャベツのコールスロー、梅日塩です。
ああおいしかった。
[PR]
by totisansan | 2009-11-06 15:41 | Comments(6)

朝ご飯をおべんと箱で

c0171704_21352132.jpg

最近いちばんお腹が減るのは朝であります。
朝起きてまずはお茶を飲み、血液をまずはさらさらいしてから動き始める。
その後庭をぶらついたり、コーヒーを飲みながら、“糸巻き”を更新したりしてその後パンを軽く食べるというのがいつものコース。
そしてたいがい10時頃にはまたお腹が減って何か食べる。
今日は昨日の残り物の煮物や茄子の炒め煮があったので、葱入り卵焼きを追加してお弁当箱に詰めてみた。
このお弁当箱、自分が幼稚園の時に使っていた超レトロ物件であります。
ちょうど軽くお茶碗一杯くらいのご飯が入って、残り物もこうして食べると目先がかわっておいしい。

私は弁当はだんぜん茶色いものがおいしいと信じている。
弁当の中に緑色のレタスやブロッコリーなどの青っぽいものを入れるのがどうもスカンのだ。
[PR]
by totisansan | 2009-11-04 21:46 | Comments(2)