<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日野菜のお漬け物

c0171704_17503691.jpg

日野菜というのは滋賀県の日野町というところの特産野菜で、お漬け物にして食べる。
昔はこれを家で樽いっぱい漬けた。ググると甘酢漬けなんてのも出てくるが、塩漬けにしたのちに糠につけるというやり方だったような気がする。
珍しく地元愛知のスーパーに売られていたので一束買って、ぬか漬けにした。
樽でつけた味とは及ぶべくもないが、やや苦みのある味はなつかしい。
ラディシュを細長くしたような物とおもっていただいてもよい。

子供の頃の母親との楽しい想い出はなにかないものかと思い出してみても、何かして遊んでもらったとか、何処かへ行って楽しかったとかの記憶はまったく出てこない。

出てくるのは食べ物にまつわることだけだ。
料理が特にうまい人ではなかったが、義務と責任感の人だから、毎日何か作って食べさせてくれたことは確かだ。
お漬け物は自分が好きだったからだろう、一年中欠かすことなく自家製のおいしいお漬け物があった。
夏はぬか漬けの胡瓜と茄子がいつも鉢に盛られていたし、今の時期はこの日野菜漬けだったかもしれない。
もう少しすると、「山田大根」と呼んでいた、先っぽが丸い、20㎝くらいしかない漬け物用の大根を一冬中の分量を漬け込んだ。漬ける前にしばらく干す。大量の大根が物干竿に干される。
あれはおいしかった。もう一度食べてみたいものである。
大量に漬けて、大きな石の重しをのっける。最後の方にはぺったんこになっていてそれがまた、カリカリとしておいしかった。
冬には白菜のお漬け物もあった。
やはり樽で漬けたものは、プラスチックのケースでこじんまりと漬けたものとは味が違う。

どれも、もう一度食べたいが自分で樽で漬けない限りあの味はもう食べられない味だ。
[PR]
by totisansan | 2010-10-25 18:14 | 雑談 | Comments(0)

干ししめじ

c0171704_17223019.jpg

干ししめじ、といっても、そういうものが売ってる訳でなく、
ただ、買ってきた普通のしめじをバラバラにして、一日くらい軽く干しておくのである。あまり干し過ぎると乾涸びてしまう。
そうすると生の時にはなかった匂いがぷーんとしてくる。
これがなんともいえず良い風味がでるのを発見。

しめじスパゲッティ、
餃子の材料、
みそ汁の具、
煮物、
などなど、何にでも生とは違ったいい味がでるのだ。
[PR]
by totisansan | 2010-10-24 17:28 | 食材 | Comments(0)

鶏ちゃん焼き(けいちゃん焼き)

c0171704_1914537.jpg

今日はあまりにお天気がよかったので夕方からドライブに行ってきました。
きれいな夕日と日没後の三日月を見てすっかり日も暮れてしまったので、夕飯は帰りに行きつけの鶏肉専門店に寄って「鶏ちゃん焼き」を買ってきてフライパンでジャジャっと焼きました。

「鶏ちゃん焼き」というのは、鶏の皮と肝などをタレに漬け込んだものです。
ここのお店のがおいしいのでここでしか買いません。

あとコンビニに寄っておにぎりと、初体験のおでんを買いました。
おでんは私は玉子が好きです。みなさんは何がお好きでしょう。コンビニのおでんおいしいですね。

そんなこんなで、簡単でしたがおいしいご飯もいただけて、後はもう寝るだけ。明日も祝日でしたね。
[PR]
by totisansan | 2010-10-10 19:10 | 定番 | Comments(2)