人参チャーハン

c0171704_18393341.jpg

世の中にはあらゆるレシピが溢れていますが、なかなか自分のメニューに定着していかないものでございます。
この人参チャーハンはその数少ない、料理本などから知って、自分の中で定着した料理であります。

作り方は、生の人参を半分くらいすり下ろしておきます。(2人分)
そしてそれを油、やや多めに入れたフライパンで炒め、今日は桜えびと胡麻も入れ〜の、ひやごはんを入れ〜の、塩こしょうで調味し、最後に醤油を適量回し入れるで出来上がり。
具は胡麻だけでも充分です。プラスするのはご自由。

肉眼ではわからなかったが、写真になると、むらむらでありました。ひやごはんがなかなかほぐれなかったと見える。赤い所と白い所がありますね(苦笑

今日はこれに、きのうから仕込んでいるつゆだくのおでんを合わせた昼ごはんでした。
[PR]
# by totisansan | 2010-12-21 18:50 | 昼ごはん

ポテトコロッケ

c0171704_1733670.jpg

冷蔵庫の整頓をしたらジャガイモがたくさん残ってたのでポテトコロッケにして消費した。
前にも書いたが母との良き想い出は食べ物にしかない。
この俵型に丸めた、じゃがいもとミンチと玉葱のみじん切り入りのコロッケ。
このおかずの日はおお喜びで台所にへばりついて母の手元をみていた。
俵型に丸めたのに小麦粉をつけ、それを溶き卵の中に入れ、パン粉をまぶす。
揚げ油の中に落とすとみるみるきつね色に揚がる。
揚げたてのコロッケはおいしかった。
[PR]
# by totisansan | 2010-12-20 17:09 | 定番

粕汁

c0171704_1049254.jpg

美容と健康に良さげなので、粕汁がマイブームであります。
というか、酒粕を一袋買うと、いつも使い切れずにだめにしてしまうもので、せっせと消費しているのである。
大根と人参の千切り、それと油揚げを入れて作るのが定番。うちは塩鮭は粕汁には入れる習慣がない。
定番はそうだが、これはきのうの白菜鍋の残りで粕汁とした。
その他、饂飩のつゆの残ったのなんかに酒粕を入れてネギと油揚げなど入れれば上等に粕汁が出来上がる。饂飩汁だと味付けもする必要なし。

朝、これをいただくとぽかぽか温まる。
今度実家に行った時に酒屋さんで売ってるしぼりたての酒粕を買ってこよう。
この冬は毎日でも粕汁を作って温まろうと思ってる。
[PR]
# by totisansan | 2010-12-19 10:57 | 定番

お茶の時間です。

c0171704_10262066.jpg

トランプで「51」という遊びがあります。絵札を10と数えてエースが11。
同じ仲間の絵札全部とエースが揃うと51になるという遊び。

なんとか点数を増やす為に悪い札を捨てて新しいのを引くわけですが、引いたカードが捨てたカードよりよいとは限らない。限らないが大当たりが来る場合もある。

自分の人生を「51」に例えると5枚のカードのうち2枚か3枚はいいカードなんだけど、あと2枚か3枚はハズレのカード、っというカンジである。

ハズレのカードを捨てて大当たりを引き当てたい、いっそのこと総替え、っとか思うがもう人生ちかれました。。
かくなる上は、有るか無しやの来世というものに思いを馳せ,早々に落葉せんことを望む晩秋の日であります。
[PR]
# by totisansan | 2010-12-16 10:41 | おやつ

静岡おでん風大根煮

c0171704_9505059.jpg

大根のうえに青のりといりこ粉のかかった静岡おでんを見て急に食べたくなって作ってみた。
どういうのがほんまもんの静岡おでんなのか、前に一度レトルトになったのを食べたことがあるが、どうもほんまもんの静岡の方に云わせるとニュアンスが違うみたいだ。

鰯で出来たはんぺんを入れて汁が黒いのが特徴のようだ。
黒はんぺんのちょい生臭さが青のりとよく合う。黒七味を掛けたら一層おいしゅうございました。
本物には牛スジとかホルモンも入れるらしい。鳴門のぶつ切りなどの入ってるのもあって面白い。
[PR]
# by totisansan | 2010-12-14 09:57 | 新作

これなに?

c0171704_1944079.jpg

これなに?
あぁん?これなにってなに?
なにこれ?
なにこれって、見たまんまやん
なんの肉やって聞いてんのや。
何の肉って普通どう見たって××××でしょうが?
この料理初めて見たんか?
わからん、わけわからん



‥‥‥ま、外国の人やと思うといたらそれですむか
ふぅぅぅぅ〜
[PR]
# by totisansan | 2010-12-11 19:18 | 定番

ロールキャベツ

c0171704_1571832.jpg

ひっさしぶりにロールキャベツつくりましてん。7年ぶりくらいです。ちょい訳があってしばらくロールキャベツは作りたくなかったんですが、その訳は云えません。ないしょどす。
味が薄かったのでケチャップかけました。ケチャップはあまり好きではないです。スープがいい味でてました。

さぁ今日は一人ご飯でほっこり。
はやいこと消費してしまわないといかん鱈と豚ミンチがあるのがこまったとこです。

もうそろそろ年末の大掃除とかの声も聞こえてまいります。嫌な季節がやってまいりました。
大掃除は春に行うという方もいてはりまして、わりと理に叶っているはなしではあります。
暖房器具を片付けるくらいの時期が油よごれも取れやすいし、暖房によるほこりもとれますわね。
まぁ換気扇と、照明器具だけでも掃除しとこうかしら。
本棚‥去年上三段まで整頓して下二段いまだぐちゃぐちゃなんですわ。いややなぁ、触ると埃が舞い上がるし。
[PR]
# by totisansan | 2010-12-10 15:08 | 定番

京都のお菓子、阿闍梨餅

c0171704_104901.jpg

京都のお土産といえば「おたべ」が有名でありますが、この阿闍梨餅(あじゃりもち)もよろしいよ。
お土産売ってるとこにはたいがい置いてあります。最近は名古屋ででも買えるようです。

※茶飲みばなし

ここのブログは時には放置していたり気ままにやってますが、本家のほうは丸4年続いています。
4年の間にいろいろ学ぶことも多かったであります。
たくさんの方ともお知り合いになりました。実際にお逢いした方も何人か。

4年の間にはいろいろ失敗もありました。
この文字、タイプされた言葉。これには音がなく、温度もありません。
相手の顔も見えないし、文章で想像して勝手にああこういう人なんだと思っているだけで、本当は相手先がどういう人なのかもわかりません。
そこが、難しいなと思う所でしょうか。

あちこちコメント入れて、中には失礼なことを気付かずに書いていたこともあるかと思います。
中には後であぁあれは失礼だったかなとか気付くときもありますが、気付いていないでいやな思いをさせていることもあるでしょうね。
こちらの意向と、相手が受ける意向は同じとは限らない。
そんなつもりじゃないと思って書いていても、違うふうに受け取られていることもありうる。
話し言葉じゃなく、ニュアンスの伝わりにくい書く言葉。
出来る限り、温度を計りながら、空気を読みながらやっていくということが大切だなと。

__________________________________
[PR]
# by totisansan | 2010-12-08 11:14 | おやつ

鶏骨付きもも肉

c0171704_18313734.jpg

家人の好物がこの鶏の骨付きもも肉であります。
なんでも、思い入れがあるらしく、昭和な家人の子供の頃、お誕生日といえばこのもも肉の焼いたのが出たのだそうだ。
初めの頃はこれが好きだと云うので、クリスマスなどたまには焼いたが、焼く度に、こんなん違う的な文句がでるのでもう焼いてやんないと決意し、ずいぶんとご無沙汰した。

元々このような骨の付いたような肉は火の通りも悪くグロテスクでもあるし、同じももだから骨のないのでも同じではないかと云うと、いや、骨があるからこそおいしいのだとか云う。

だいたいが、マザコン的想い出が絡むおかずなんてものは作りたくないのがオクサンの本音ではないか。だってどんな味に仕上がったものなのか義母さまはとうの昔に亡くなっていて、私は食べたことがない。食べたことのないものの味付けを同じ風に作れといわれても困ってしまう。

今回、鶏肉屋に使いをたのんだら自分で骨付きもも肉を買ってきたもので「ちっ」とか思う。
焼いてる途中で、照り焼きでいいのやねっ、と聞きにいったら、声がこわいという。
悶着がおこるのを恐れたか、今回は文句のようなことは云わず、ワァ大きい、とのたまう。
[PR]
# by totisansan | 2010-11-30 18:47 | 定番

お茶の時間です

c0171704_13493216.jpg

コーヒーのお茶菓子は湿った浪速おこしである。
浪速おこし、蕎麦ボーロの親戚一同は、だんぜん湿っている方がおいしいと思う。
袋から出して、放置しておくとちょうどよい湿り具合となる。

今週は石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」なんてのを借りてきた。
映画館で、父と一緒にこの手の映画は見ている可能性が高い。1957年の映画だ。小1くらいの時のことゆえ記憶にはほとんどないが、祐次郎の出てくる映画は夜の歓楽街が舞台になっていることが多く、必ず殴り合いがあるので、痛そうでいやであった。
50年以上の年月を経てあらためて見てみると、なんともちゃちな映画であります。
脚本も幼稚だし、祐次郎だって、やたらかっこつけた、やな奴である。
音楽など猿まねで恥ずかしい。

面白いのは戦後12年で、すでに日本がすっかりアメリカ文化に汚染されているということだ。
羽振りのいい女マネージャーの北原三枝さんのうちは、冷蔵庫あり、食卓にはミキサーあり、ガウンのような室内着もみな憧れのアメリカ仕様であります。
映画を観てあの頃の日本人は憧れたんだろうな。

あの頃、いいのはみな西洋的なもので、日本的なものはみっともないものだった。
女の子のお人形は金髪になりました。
今になって思うとなんでああまでアメリカの真似をしたのだろう。
なぜ、日本独特の文化とかをああまで簡単に捨てようと思ったのか。
あの社会全体を覆っていた風潮のようなものが不思議である。
[PR]
# by totisansan | 2010-11-25 14:14 | 雑談