昼ご飯〜吉野家に対抗できるで、このお味。

c0171704_1221779.jpg

あんましおいしそうに写っていませんが、これは絶品です。
すき焼きのあとにする「おじや」が元なのですが、最近はすき焼きは省いてわざわざこれを作ります。
食べながらいつも、吉野家の牛丼より絶対こっちのほうがおいしいよね、と言いながら食べる訳ですが、野菜たっぷりですぐ出来るし、「すき焼き丼」としてお店を立ち上げたいくらい。

今日はレシピ付きです。(二人分)
まず、材料は有り合わせの野菜で結構。ネギは欠かせませんかねぇ。それと糸コンニャク、塩を入れたお湯でゆがいて、細かく刻みます。あと、かまぼことか、麩なんかが入ると食感が複雑になっていいですね。
今日は以下のような材料でした。あと、あり合わせ肉類100gほど。ごはん一杯半ほど。

c0171704_122932100.jpg
鍋ですき焼きをする時のように肉を焼き、次にご飯以外の残りの材料を入れます。火が通りだしたら砂糖と醤油、酒などで味付けします。ポイントにだしの素を少々。
水分は入れません。具があらかた煮えたところに、ご飯を入れてからめます。ちょっと焦げ付きかかったくらいがいいかな。 

砂糖、醤油は味を見て控えめに。 生卵をかけていただきます。
[PR]
by totisansan | 2008-10-31 12:44 | 昼ごはん


<< 朽木村の朝市に行った 寒くなってきたので鍋焼きうどん >>