お茶の時間です

c0171704_19543673.jpg

画像はさるカフェにて。

オバマ熱、冷めやらぬ昨今でありまする、
大統領に決まった日の我らあほ夫婦の夕食時の会話でありまするが、、

決まったね

・・「24」で、黒人が大統領になってるの見た時は結構,そなアホな、ちゅう感じで違和感が最初あったけど、それがほんとのことになってしもうたんやね。

わからんよ、あらかじめ、あれが伏線だったかもよ。 大衆の心をテレビやとか映画で誘導するのアメリカはうまいからなぁ。。
日本だって戦後、GHQが、「青い山脈」だとかで若者を啓蒙したとか聞いたよ。

え、「青い山脈」ってそんな映画なん?

いや、見とらんから知らんけど、今までの封建的な考え方を止めて自由になんでもやっていこう、なんてことだったんじゃないの?

「ナトコ映画」なんていうのはアメリカ軍が広めたんやなかったっけ。

とにかく、アメリカは,映画を使って、人心を誘導する、というやり方をするんよ。
「24」のころから、ひそかに根回ししたったんかもしれんに。

とすると、こんどは暗殺やない。

やっぱりね、よっぽど気ぃつけんと危ないで。

なぁ〜んちゅうことを会話したのでありました。
「24」というのは、アメリカの人気テレビ番組であります。
[PR]
by totisansan | 2008-11-07 20:15


<< ある日の食卓 朽木村の朝市に行った >>