(自産)キクラゲ入り野菜炒め

c0171704_11194165.jpg

庭の柿の木の枯れた丸太に、キクラゲのようなものがいっぱい付き始めたので、詳しい方に鑑定していただいたら、まちがいない、それも、「ホンキクラゲ」という素性よろしきものだというので、朝ご飯に早速野菜炒めに入れて食べてみた。

して、感想だが、雨が降った後で、しこたま水分を吸い込んで、いささかぶよぶよで味も香りもない。やっぱりキクラゲ独特のコリコリ感がほしいところ。 で、やっぱりこれは干しキクラゲにするべく今、干しているのであります。キクラゲはやっぱりコリコリした食感が命。

キクラゲってものは海のものだとばっかり昔思っていましたが、キノコの一種なのです。
[PR]
by totisansan | 2009-05-08 11:27 | 新作


<< 初夏の献立 新ジャガでポテトサラダ >>