蒸し茄子の胡麻和え

c0171704_9214392.jpg

秋茄子が八百屋に並んでいたので、里芋を蒸すついでに丸ごと蒸して、すりごまで和えた。
これも子供の頃よく食卓に上ったおかずだ。
簡単なようで、昔食べたような具合にはなかなかいかない。

夏には胡瓜と茄子であった。
商店街の八百屋さんの店先にはむしろの上にどばっと胡瓜と茄子の山が出来ていて、客が品定めしながらカゴにいれたものを八百屋のおばさんは計りで量って、一瞬にして値段をはじき出す。
子供心にすごいな、と思った。

茄子はどうして食べていただろう。
毎日のぬか漬け、ニシンと茄子の炊いたん、そのくらいであったような記憶。
[PR]
by totisansan | 2010-11-08 09:33 | 定番


<< 秋の味覚〜銀杏、サツマイモ 日野菜のお漬け物 >>